活動報告

生産革新講座

第28回 「一気通貫生産のバリエーション化」

2.一気通貫生産方式とは

1. 一気通貫生産方式の特徴

一気通貫生産方式とはモノの流れと情報の流れを高度にコントロールすることにより、圧倒的なリードタイム短縮を実現し、大幅な在庫圧縮、生産性向上を実現する生産方式である。いわゆる全体最適手法であり、工場全体としての「モノづくりの仕組み」を再構築していく考え方である(図1)。初工程着手から完成まで最短で流れる詳細な生産計画を作り、計画に沿って停滞することなくモノを流していく。基本概念として「1円でも安く、1秒でも早く」を目指し、それを実現するための基本思想が「停滞排除」と「情報制御」である。「停滞排除」の切り口では工程間の停滞時間に注目する。一般的に多くの製造業では実際のリードタイムの95%以上は停滞時間であり、一気通貫生産では徹底的に停滞時間比率を下げていく。そのためには停滞発生ポイント削減、層流化、通過時間調整、同期化などを行っていく。また、「情報制御」とは受注から出荷までの情報の流れを整流化すると共に、製造現場に対して投入工程から完成工程までを1本でつなげた緻密な生産計画を提示し、計画通りに製造を行わせることである。そのためには当然情報の精度にもメスを入れる。一気通貫生産方式の詳細は「一気通貫生産方式」(岩室宏著、日刊工業新聞社刊)もしくは「工場管理 2012年3月号」の解説記事をご覧頂きたい。

生産革新第20-5


2. 一気通貫生産方式実現のポイント

一気通貫生産方式は信頼できる生産計画の立案と、計画どおりにモノを作れる現場の構築の両輪がうまく機能して初めて実現できる。すなわち「生産安定性の実現」が不可欠である。生産安定性とは「計画安定性」、「設備安定性」、「品質安定性」、「労働安定性」、「調達安定性」の5つのファクターから成り立っている(表1)。

生産革新第20-5


それぞれの安定性で求められる姿とそれを実現するポイントは「計画安定性」では現場の実力に即した正しい計画を作る力、時間、分単位の精度が求められ、信頼できる生産計画の立案と進捗管理がポイントとなる。「設備安定性」では設備を安定的に稼働させ、故障・停止・トラブルを発生させないために、可動率の向上・故障後の修復時間削減に注力すべきである。「品質安定性」では不良を作らない、流出させない、異常を早期に発見し是正する力をつけるために、慢性不良に対する根本対策・直行率管理が必要となる。「労働安定性」では生産を行うのに必要な人員数、能力、技能を確保するにあたり、労働生産性向上・教育(意識・知識)・多能工化が重要となる。「調達安定性」では生産に必要な良質且つ格安な資材をタイムリーに供給する能力を向上させるため、調達LTの短縮・定日納入の遵守 がポイントとなる。
このように一気通貫生産実現のための絶対条件として計画系と現場系を改善・管理する仕組みの構築が必須であると言える。

また、これら5つのファクターはそれぞれ独立しているのではなく相互にからみあっており、連携した安定性確保も重要である(図2)。たとえば設備を安定的に稼動させるためには、設備の保全状況や故障からの復旧時間は設備を操作する作業者のスキルにより左右されることから労働安定性と密接につながり、また設備の稼動状況をしっかり把握して生産計画を立てるという計画安定性が影響を及ぼす。

生産革新第20-5


 日刊工業新聞社刊「工場管理」2016 VOL.62 No.3 掲載記事に加筆訂正
株式会社アステックコンサルティング
チーフコンサルタント 太田 一成
生産革新講座 連載
第45回  設計開発部門改革の第一歩(1/5)(2018.12.3)NEW!
第44回  鋳物工場の生産性向上(3/3)(2018.11.19)
第43回  鋳物工場の生産性向上(2/3)(2018.11.5)
第42回  鋳物工場の生産性向上(1/3)(2018.10.22)
第41回  食品工場の生産性向上のための人員管理術(3/3)(2018.10.1)
第40回  食品工場の生産性向上のための人員管理術(2/3)(2018.9.18)
第39回  食品工場の生産性向上のための人員管理術(1/3)(2018.9.5)
第38回  一品受注型企業のリードタイム短縮(3/3)(2018.8.20)
第37回  一品受注型企業のリードタイム短縮(2/3)(2018.8.2)
第36回  一品受注型企業のリードタイム短縮(1/3)(2018.7.17)
第35回  モノを揃えてなんぼの調達・外注管理(3/3)(2018.7.4)
第34回  モノを揃えてなんぼの調達・外注管理(2/3)(2018.6.5)
第33回  モノを揃えてなんぼの調達・外注管理(1/3)(2018.5.23)
第32回  機械加工職場の生産性向上(3/3)(2018.6.27)
第31回  機械加工職場の生産性向上(2/3)(2018.6.11)
第30回  機械加工職場の生産性向上(1/3)(2018.4.24)
第29回  一気通貫生産のバリエーション化(3/3)(2017.6.19)
第28回  一気通貫生産のバリエーション化(2/3)(2017.5.19)
第27回  一気通貫生産のバリエーション化(1/3)(2017.4.18)
第26回  「仕組みを変える」とは何を変えるのか(3/3)(2017.3.22)
第25回  「仕組みを変える」とは何を変えるのか(2/3)(2017.2.21)
第24回  「仕組みを変える」とは何を変えるのか(1/3)(2017.1.24)
第23回  時代環境と変えるべきもの(3/3)(2016.12.13)
第22回  時代環境と変えるべきもの(2/3)(2016.11.15)
第21回  時代環境と変えるべきもの(1/3)(2016.10.18)
第20回  改革の成否を決める教育の重要性(2015.2.17)
第19回  生産革新の方向性(2014.6.20)
第18回  改善戦略が必要な時代!(2014.5.8)
第17回  「脱カンバンの生産革新」 一気通貫方式のすすめ(3/3)(2013.8.12)
第16回  「脱カンバンの生産革新」 一気通貫方式のすすめ(2/3)(2013.7.5)
第15回  「脱カンバンの生産革新」 一気通貫方式のすすめ(1/3)(2013.5.28)
第14回  時代は経営視点からの改善を必要としている(2/2)(2013.3.21)
第13回  時代は経営視点からの改善を必要としている(1/2)(2013.2.13)
第12回  現場改善だけでは成果につながらない(3/3)(2013.1.16)
第11回  現場改善だけでは成果につながらない(2/3)(2012.12.11)
第10回  現場改善だけでは成果につながらない(1/3)(2012.11.12)
第9回  一気通貫生産方式の基本的な考え方(3/3)(2012.10.12)
第8回  一気通貫生産方式の基本的な考え方(2/3)(2012.09.26)
第7回  一気通貫生産方式の基本的な考え方(1/3)(2012.08.20)
第6回  仕組みを変えればコストは下がる(6/6)「生産設計によるコストダウン」(2012.02.27)
第5回  仕組みを変えればコストは下がる(5/6)「設計によるコストダウン」(2012.02.03)
第4回  仕組みを変えればコストは下がる(4/6)「生産の流れをコントロールする」(2011.12.28)
第3回  仕組みを変えればコストは下がる(3/6)「生産の仕組み自体を変えていく」(2011.09.26)
第2回  仕組みを変えればコストは下がる(2/6)「生産管理の仕組みを変える」(2011.08.29)
第1回  仕組みを変えればコストは下がる(1/6)「コストは狙って下げるもの!」(2011.08.08)