活動報告

生産革新講座

第7回 「一気通貫生産方式の基本的な考え方」

一気通貫生産方式は、多品種少量生産の進展や商品ライフサイクルの短期化に伴い、短納期化(リードタイム短縮)の市場ニーズが強まっている時代背景の中で生まれた生産方式である。従って、短リードタイムでの生産を実現するための生産方式であり、“時間を付加価値に変える”、“スピードを競争力にする”ことに対して、どこまでも追求していくための生産方式と言うことができる。しかし、一気通貫生産方式では、リードタイム短縮だけを目的としているわけではない。短リードタイム生産を実現していくためには、さまざまな阻害要因を排除しなければならず、例えば実現の過程で直接部門だけにとどまらない生産性の向上や品質の向上などに取り組むことになる。 従って、一気通貫生産方式を実現するということは、会社、工場全体レベルで総合的な生産管理力の向上、場合によっては経営管理にまで踏み込んだ抜本的な改革を成し遂げることであると言っても過言ではない。

それでは、なぜリードタイム短縮を最も重要なアプローチに位置づけているかと言うと、最終的には“スループットの向上”を図りたいのである(図1)。世の中にはこれまでにもさまざまな生産方式や考え方が提唱されているが、突き詰めてみると“スループットの向上”は共通的な命題となっている。そのような点では一気通貫生産方式もスループット向上を重要な課題として捉えた考え方なのであるが、大きな違いはリードタイム短縮というテーマに単刀直入に切り込み、この本質とも言える原理・原則の部分を強烈に意識した生産方式なのである。

以上のように経営課題の解決にも切り込んでいく一気通貫生産方式であるが、導入にあたってはもちろん会社ごとに経営課題やそれらの重要度が異なるため、力点の置くところも異なってくる。しかし、根幹にある価値観や基本的に指向する方向性、考え方は共通的である。ここでは一気通貫生産方式の基本的な考え方についてポイントを絞りながら述べていく。


一気通貫生産で狙うスループット向上



1.基本理念と基本思想

一気通貫生産方式はスループット向上を強く意識した生産方式であると述べたように、その基本理念は『1円でも安く、1秒でも早く』である(図2参照)。そして、それを実現するための基本思想は大きく2つ、『停滞排除』と『情報制御』がある。
『停滞排除』とは、徹底して停滞時間を排除、削減することによってリードタイムを短くしていき、停滞なくスムーズにモノや情報が流れていく状態を作り出していくことである。ムダな作業を減らし低コストを追求していくわけであるが、直接部門だけではなく営業、生産管理、設計などの間接部門も改善の対象となることは言うまでもない。
次に『情報制御』とは、情報の流れを強力にコントロールすること、つまりインプットされた情報やフィードバックされた各種情報を集約、加工し、信頼でき得る情報として関連部門に提供していくことになる。そして、各種情報とは必要であればあらゆる情報、それらの流れが改善の対象となる。

さて、『停滞排除』と『情報制御』を基本思想とする一気通貫生産では、モノと情報の2つの流れが存在することをしっかりと認識しておかなければならない。図3は顧客から受注をして製品が出荷されるまでの一般的なモノと情報の流れについて描いたものである。見ればわかるように生産活動においてはモノの流れより情報の流れの多いことがわかる。情報の流れは目に見えにくいためついつい見逃されがちであるが、情報の流れが止まるとモノの流れが止まることを理解しておかなければならない。


一気通貫生産で狙うスループット向上

モノと情報の流れ



2.一気通貫生産方式の特徴

一気通貫生産方式の基本的な考え方について述べる前にその特徴について簡単に触れておく。主な特徴をまとめると以下のようになる。

  1. 受注した商品を作るのに必要なだけの原材料しか初工程に投入しない(投入規制)
  2. 材料を投入したら停滞させることなく、最後まで一気に作り上げる
  3. モノと情報の流れを各種ツールを用いて強力にコントロールする
  4. 受注情報(工場へのインプット情報)の入出力内容、方法について営業−工場間でコンセンサスをとる
  5. 設計部門はモノだけでなく業務のプロセスや方法についても標準化などの改善を進めていく
  6. 生産管理部門は時間レベルの詳細な生産計画を立案し、進捗を管理する
  7. 受注時(生産確定時)に各工程の通過日時、完成・出荷日時を確定させる
  8. 調達は内示と納入指示を活用し、調達リードタイムに応じた発注を行う
  9. ITシステムを有効に活用することで事務工数の削減を行う
  10. 停滞発生要素(設備や品質トラブル、欠品など)について常に改善を進めていく

これらの他にも多くの特徴があるが、一気通貫生産では直接、間接部門問わず必要であれば生産活動に関わる全ての業務プロセス、フローを抜本的に見直すことになる。つまり、マーケティングや企画、開発といった一部の業務を除けば、営業や設計も一連の生産活動の中での1プロセス、1工程であり、直接部門と同様に厳格な計画、統制が行われ、業務の標準化を推進していくことが求められる。


日刊工業新聞社刊「工場管理」2012 VOL.58 No.3 掲載記事に加筆訂正
株式会社アステックコンサルティング
チーフコンサルタント 横川 知之
生産革新講座 連載
第30回  機械加工職場の生産性向上(1/3)(2018.4.24)NEW!
第29回  一気通貫生産のバリエーション化(3/3)(2017.6.19)
第28回  一気通貫生産のバリエーション化(2/3)(2017.5.19)
第27回  一気通貫生産のバリエーション化(1/3)(2017.4.18)
第26回  「仕組みを変える」とは何を変えるのか(3/3)(2017.3.22)
第25回  「仕組みを変える」とは何を変えるのか(2/3)(2017.2.21)
第24回  「仕組みを変える」とは何を変えるのか(1/3)(2017.1.24)
第23回  時代環境と変えるべきもの(3/3)(2016.12.13)
第22回  時代環境と変えるべきもの(2/3)(2016.11.15)
第21回  時代環境と変えるべきもの(1/3)(2016.10.18)
第20回  改革の成否を決める教育の重要性(2015.2.17)
第19回  生産革新の方向性(2014.6.20)
第18回  改善戦略が必要な時代!(2014.5.8)
第17回  「脱カンバンの生産革新」 一気通貫方式のすすめ(3/3)(2013.8.12)
第16回  「脱カンバンの生産革新」 一気通貫方式のすすめ(2/3)(2013.7.5)
第15回  「脱カンバンの生産革新」 一気通貫方式のすすめ(1/3)(2013.5.28)
第14回  時代は経営視点からの改善を必要としている(2/2)(2013.3.21)
第13回  時代は経営視点からの改善を必要としている(1/2)(2013.2.13)
第12回  現場改善だけでは成果につながらない(3/3)(2013.1.16)
第11回  現場改善だけでは成果につながらない(2/3)(2012.12.11)
第10回  現場改善だけでは成果につながらない(1/3)(2012.11.12)
第9回  一気通貫生産方式の基本的な考え方(3/3)(2012.10.12)
第8回  一気通貫生産方式の基本的な考え方(2/3)(2012.09.26)
第7回  一気通貫生産方式の基本的な考え方(1/3)(2012.08.20)
第6回  仕組みを変えればコストは下がる(6/6)「生産設計によるコストダウン」(2012.02.27)
第5回  仕組みを変えればコストは下がる(5/6)「設計によるコストダウン」(2012.02.03)
第4回  仕組みを変えればコストは下がる(4/6)「生産の流れをコントロールする」(2011.12.28)
第3回  仕組みを変えればコストは下がる(3/6)「生産の仕組み自体を変えていく」(2011.09.26)
第2回  仕組みを変えればコストは下がる(2/6)「生産管理の仕組みを変える」(2011.08.29)
第1回  仕組みを変えればコストは下がる(1/6)「コストは狙って下げるもの!」(2011.08.08)