活動報告

アステック徒然日記

第27回 数字は魔法

数字というのは不思議なものだと最近感じている。
数字によって人は動かされるからである。
経営数字にあまりにもこだわり、法の一線を越えてしまうようなことも起こっている。
しかし、一方、目標数字をうまく設定すれば、経営成果もうまく向上させることが出来るものである。
例えば、会社経営において、営業部門の数値目標を売上だけにしたとすると、営業は売上の向上のためには売価を下げて数量を多く販売して売上を伸ばすことも考えられる。しかし、そのようなことをすれば、売上は増えたが利益は減少したということになってしまうことも起こりうる。しかし、営業の数値目標を売上と利益の両方に設定するとどうでしょうか。販売施策は全く違ったものになるのではないでしょうか。
これは改善活動においても全く同じであり、どの数字を目標にするかで改善の進む方向、進み方が変わってくるものである。改善活動の結果、つまりがんばりの結果が表れるような数字を目標としたいものである。
人は数字を良くするように動くものである。 この魔法とも言える数字をうまく使って、経営や改善をうまく進めて行きたいものである。

筆者:コンサルティング本部 コンサルタント 松山 和人

アステック徒然日記 連載

第49回 カマスの話 (2018.4.18) NEW!
第48回 オリンピックのメダル獲得で思うこと (2018.3.28) 
第47回 プロジェクトが迷走? (2018.3.19) 
第46回 自然体が最強 (2018.2.26) 
第45回 明るく元気な会社 (2018.2.15) 
第44回 一気通貫生産方式の理解を深めるB (2018.1.29) 
第43回 本当の姿 (2018.1.15) 
第42回 めんどうな時代 (2017.12.22) 
第41回 家の中でも整理・整頓 (2017.12.11) 
第40回 「可視化」と「見える化」 (2017.04.11) 
第39回 ランチタイムのサービス (2017.02.14) 
第38回 一気通貫生産方式の理解を深めるA (2017.01.17) 
第37回 理論物理とヨーロッパの宮廷 (2016.12.08) 
第36回 計画線の長さについて (2016.11.09) 
第35回 最近のベストセラーについて・・・「嫌われる勇気」 (2016.10.25) 
第34回 組織の活性化 (2016.10.11) 
第33回 一気通貫生産方式の理解を深める@ (2016.09.20) 
第32回 改善を進める上で失敗につながる事例C (2016.09.06) 
第31回 改善とは何の為にやるのか?(2016.08.09) 
第30回 仕事の価値(2016.07.26) 

第29回 ハイレゾ聴いて思うこと(2016.07.11) 

第28回 「不満」の反対は? (2016.06.07)
第27回 数字は魔法 (2016.04.26) 
第26回 あるおばさんのチャレンジ (2016.04.12)
第25回 改善を進める上で失敗につながる事例B (2016.03.23)
第24回 能楽と流用設計 (2016.03.09)
第23回 ボーイスカウト活動とコンサルティング (2016.02.23)
第22回 将来イメージの重要性 (2016.02.09)
第21回 ポカヨケ (2015.12.22)
第20回 人間の本性から読み解くモチベーション向上 (2015.12.08)
第19回 SWOT分析に思うこと (2015.11.24)
第18回 無始無終 (2015.11.10)
第17回 改善を進める上で失敗につながる事例A (2015.10.26)
第16回 鋭い“ツッコミ”で会社に変革を!(2015.10.13)
第15回  IE手法で街を眺める@ (2015.09.24)
第14回  「出来ない」という悲劇の言葉 (2015.09.08)
第13回  低反発枕 (2015.08.24)
第12回  思い込みに注意しましょう (2015.08.10)
第11回  社員教育研修にて (2015.07.28)
第10回  指導を依頼する企業の実情 (2015.07.15)
第9回  中小企業(製造メーカ)向けの助成金 (2015.06.23)
第8回  改善活動に必要なもの(2015.06.09)
第7回  千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)(2015.05.12)
第6回  改善を進める上で失敗につながる事例@(2015.04.14)
第5回  システムズエンジニアリングの大切さについて(2015.03.30)
第4回  サービス(精神)と顧客満足(2015.03.11)
第3回  移動の際に考えること(2015.02.26)
第2回  ムダの効用?について(2015.02.06)
第1回  他社はどうですか?という質問に思うこと(2015.01.31)