活動報告

アステック徒然日記

第21回 ポカヨケ

日頃の生活の中の大事な場面でエラーをしてしまった経験はありませんか。日々繰り返される生産活動においても様々なヒューマンエラーが発生し、その対応のため貴重な資源が投入されるに至った例には事欠きません。その原因の一つにスポラディックエラー(十分に身に付いているはずの知識や技量を偶発的に発揮できないことにより発生するエラー)があります。このエラーは疲労、緊張、錯誤など人の脳の弱点に由来するため防止策を講じることが難しく、発生を前提としたポカヨケ策を幾重にも講じることが重要になります。

先日、東京駅で新幹線を降りたときのことでした。乗客の降車を終え、暫くすると清掃員の方々が乗り込み、数分後、時を合せたかのように降りてきました。作業にはゴミ集め、床そうじ、シートカバー取替と多岐に及ぶにも関わらず、短時間かつ正確に仕事を終えたことになります。もちろん清掃員の方々のきびきびとした動作の賜物なのですが、ふと、東京駅の直前で社内販売員が弁当の空き箱などを回収していたこと、到着後、車掌が忘れ物の確認をしながら見回っていたことを思い出しました。お客様の満足度を高めるという目的のもと、販売員、車掌、清掃員全員で忘れ物やゴミを見逃さぬよう多重にチェックし合っていたのでした。ポカヨケは顧客満足度向上への最後の砦だと実感した出来事でした。

そう想うと、清掃チーム全員が降りた後、全員で列車に向かって「称呼」と「一礼」をした理由がわかったようで、とてもすがすがしい気持ちになりました。

筆者:コンサルティング本部 コンサルタント 服部 信美

アステック徒然日記 連載

第45回 明るく元気な会社 (2018.2.15) NEW!
第44回 一気通貫生産方式の理解を深めるB (2018.1.29) 
第43回 本当の姿 (2018.1.15) 
第42回 めんどうな時代 (2017.12.22) 
第41回 家の中でも整理・整頓 (2017.12.11) 
第40回 「可視化」と「見える化」 (2017.04.11) 
第39回 ランチタイムのサービス (2017.02.14) 
第38回 一気通貫生産方式の理解を深めるA (2017.01.17) 
第37回 理論物理とヨーロッパの宮廷 (2016.12.08) 
第36回 計画線の長さについて (2016.11.09) 
第35回 最近のベストセラーについて・・・「嫌われる勇気」 (2016.10.25) 
第34回 組織の活性化 (2016.10.11) 
第33回 一気通貫生産方式の理解を深める@ (2016.09.20) 
第32回 改善を進める上で失敗につながる事例C (2016.09.06) 
第31回 改善とは何の為にやるのか?(2016.08.09) 
第30回 仕事の価値(2016.07.26) 

第29回 ハイレゾ聴いて思うこと(2016.07.11) 

第28回 「不満」の反対は? (2016.06.07)
第27回 数字は魔法 (2016.04.26) 
第26回 あるおばさんのチャレンジ (2016.04.12)
第25回 改善を進める上で失敗につながる事例B (2016.03.23)
第24回 能楽と流用設計 (2016.03.09)
第23回 ボーイスカウト活動とコンサルティング (2016.02.23)
第22回 将来イメージの重要性 (2016.02.09)
第21回 ポカヨケ (2015.12.22)
第20回 人間の本性から読み解くモチベーション向上 (2015.12.08)
第19回 SWOT分析に思うこと (2015.11.24)
第18回 無始無終 (2015.11.10)
第17回 改善を進める上で失敗につながる事例A (2015.10.26)
第16回 鋭い“ツッコミ”で会社に変革を!(2015.10.13)
第15回  IE手法で街を眺める@ (2015.09.24)
第14回  「出来ない」という悲劇の言葉 (2015.09.08)
第13回  低反発枕 (2015.08.24)
第12回  思い込みに注意しましょう (2015.08.10)
第11回  社員教育研修にて (2015.07.28)
第10回  指導を依頼する企業の実情 (2015.07.15)
第9回  中小企業(製造メーカ)向けの助成金 (2015.06.23)
第8回  改善活動に必要なもの(2015.06.09)
第7回  千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)(2015.05.12)
第6回  改善を進める上で失敗につながる事例@(2015.04.14)
第5回  システムズエンジニアリングの大切さについて(2015.03.30)
第4回  サービス(精神)と顧客満足(2015.03.11)
第3回  移動の際に考えること(2015.02.26)
第2回  ムダの効用?について(2015.02.06)
第1回  他社はどうですか?という質問に思うこと(2015.01.31)